Silent Angel

オーディオ用NASのメーカーで開発設計に携わっていたEthan氏とChorus氏は、その頃よりDSDの高い音質に着目する一方で、DSDそして、ハイレゾ音源から再生される楽曲のクオリティーは、CD、 SACDといったディスクプレーヤーと比較して、十分に引き出されていないと感じていました。ハイレゾ音源本来のクオリティーを引き出すには、オーディオ用のネットワーク製品の開発が必要だと決意し、2014年にSilent Angelのプロジェクトをスタートさせました。2017年EMC Chinaの元CTO Eric Huangが設立したThunder Data社のバックアップのもと、最初に開発を手掛けたのは、ネットワークオーディオの再生において音質を左右するスイッチングハブ“N8”、 ミュージックサーバー“Z1”、Z1の設定と操作のため“VitOS”でした。現在は、ポート数を増やしたスイッチングハブ“N16”、 ネットワークトランスポート“M1”といった製品の開発設計も実現。オーディオ用ネットワーク製品の企画開発に絶え間なく取り組んでいます。

スイッチングハブ

NEW

N8

¥54,930 (税込)

NEW

N16

¥205,700 (税込)

ネットワークオーディオサーバー

NEW

Z1(ストレージなしモデル)

¥242,000 (税込)

NEW

Z1(SSD 1TBモデル)

¥363,000 (税込)

ミュージックストリーマー

NEW

M1T(DAC非搭載)

¥121,000 (税込)

NEW

M1(DAC搭載)

¥229,900 (税込)